About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者に必要な分析は何があるの?

FX初心者に必要な分析は何があるの?

分析 FXを取引した人は、自分の感覚だけで取引しているだけでは限界を感じている人もいるでしょう。 取引で勝てるようになっている人は、間違いなくFXのチャートから分析しています。 また、世界情勢やニュースなどにアンテナを立てて、敏感に感じ取っています。 今回はFX初心者の方で、取引について難しさを感じ始めている。そんな人へ向けて、FXにはどのような分析方法があるのかを説明したいと思います。

ファンダメンタルとテクニカル分析がある

テクニカル FX投資の分析種類を知っていますか? 有名なのは「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」があります。簡単に説明すると、「ファンダメンタルズ分析」は世界情勢や、世界の指標などで為替が上昇したり、下落したりするのを分析する手法です。 指標結果が良かったとしても、必ず上がる訳ではないので結果が全てではないのが難しいところです。また、「テクニカル分析」とは過去チャートの結果や経験などから分析する手法です。 分析をするために「移動平均法」「MACD」などの様々な方法があります。 ただ、分析が全て正しいわけではなく、だましで逆に動くこともあるので両分析をバランスよく行うのが良いでしょう。 デモトレードなどを活用したことがある人は分かると思いますが、デモトレードは自分のお金を利用しなくても実際のチャートを利用し疑似トレードができます。 そして色々な手法を用いて、分析を行うこともできるでしょう。 ただ、自身のお金を実際に利用するのと、デモトレードでは本気度が変わってきます。デモトレードで手法が分かった後には少額でも良いので実際のトレードを行ってみることをおすすめします。 1000通貨から始められるFX会社も増えてきていますので、「FX初心者は少額投資からまず始めよう」の記事を参考にしてみてください。

勉強するならテクニカル分析

勉強 確かにファンダメンタル分析をするために、世界情勢や各国のニュースに敏感になるのは大事です。ただ、自分でどちらの分析に力を入れたら良いかというと、テクニカル分析になります。 その理由は再現性の高さです。 チャート分析は過去に類似の動きを参照することができます。 また、過去のチャートを仕入れることもできるので、過去の動きから現在の再現性を分析することができます。 しかし、ファンダメンタル分析は同じ経済指標の結果であっても、違う外部環境のために、違う動きをするケースが多々あります。そのため、再現性という観点では弱くなります。

テクニカル分析だけすればよいのか?

ポイント 結論から言うと、テクニカル分析に力を入れるが、ファンダメンタル分析も情報としては仕入れよう!となります。散々、テクニカル分析に力を入れよう!と言っている中で、混乱させてしまったら申し訳ないです。 極端にテクニカルだけではなく、どんな状況にも対応できるように、バランスが大事になります。 また、分析したルールに従ってエントリーしても負けてしまう場合があります。 その場合は世界情勢として、大きく動いた場合もあるのです。 情報としてわかっていれば、事前に予測できるかもしれないです。また、自分の分析が間違っているわけではないと、自信を失うこともないです。

まとめ

分析を行って勝てるようになってくると、もっと色んな分析方法を知りたくなるかもしれません。 自分で勉強していくのも良いですが、時間効率が悪いと感じる人がいれば、既に成功している人に確認するのをおすすめします。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE