About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者に人気のあるボリンジャーバンド!

FX初心者に人気のあるボリンジャーバンド!

ボリンジャーバンド 今回は有名かつ人気なインジゲーターのボリンジャーバンドを解説します。 バンド帯の中で取引すれば高い勝率が狙えます。 しかし、ボリンジャーバンドを使用しただけで勝てるようになった方は少ないと思われます。 もしボリンジャーバンドだけで勝てるのであれば負け組はかなり少ないはずでしょう。 やはりボリンジャーバンドにもそれなりにデメリットはあります。 だからと言ってボリンジャーバンドが使えないというわけではなく、ボリンジャーバンドだけでは勝てないと考えましょう。 人気なインジゲーターだけあってやはり便利であることは間違いなく、使い方を極めれば強力な武器となります。

ボリンジャーバンドって?

ボリンジャーバンドってなに? ボリンジャーバンドはレートが動きやすい範囲を推測する為に作られたものです。 この為、バンド帯の中に価格が収まりやすいです。 2αではバンド帯に収まる可能性は約95%です。 95%という超高確率(と思われる)なのでバンド帯の上にタッチしたらショート、 バンド帯の下にタッチしたらロングで取引する逆張り手法がメジャーな様ですがこれには落とし穴があるので注意しましょう。

ボリンジャーバンドの落とし穴

落とし穴 ボリンジャーバンドはとても便利ですが、安易に逆張りに使用するのは危険です。 まずメジャーな2αという設定ではボリンジャーバンドからはみ出す可能性は約5%と一見低い様に思われますが、100回に5回はあると考えると結構あると考えられませんか? しかも、レートは上がれば上がるほど更に上がる傾向があるので、「バンド帯の上にタッチしたからショートだ!」と安易に手を出してしまうと、大損してしまう危険性があります。 また、注目するべきはバンド帯の角度です。 仮にバンド帯の上にタッチしたとしてショートしても、バンド帯自体の角度が上に向いてしまうこともよくあります。 バンド帯には収まったとしても結果的に取引には負けてしまうということは珍しくないです。 更に、ボリンジャーバンドを使用しているとチャートが見にくいという弱点もあります。 本来注目すべきはロウソク足なのに、ボリンジャーバンドに視線が引き寄せられやすいです。 あまり良い傾向ではないので注意しましょう。 以上で、安易なボリンジャーバンドの使用はかえって危険だという事が理解できたのではないでしょうか?

ボリンジャーバンドの有効な使い方

有効な使い方 これまでボリンジャーバンドの弱点を解説しましたが、決して使えないインジゲーターではありません。 使い方次第では強力な武器となるので有効な使用法を解説します。 ボリンジャーバンドのバンド帯と支持線や抵抗線が近い場合にエントリーするととても有効です。 例えばですが、上のバンド帯と抵抗線が重なれば、反転する根拠が2つ出来るので、高確率で勝てるでしょう。 とても有効な逆張り手法ですね。 また、抜けてしまった場合にはその方向へレートが加速しやすいと推測出来るので順張りにも使用できます。 とても万能ですね。 ここまでできてようやく便利なインジゲーターと言えるでしょう。

まとめ

今回は初心者に人気なインジゲーターであるボリンジャーバンドを解説しました。 使い方次第ではかなり便利ですが、チャートに注目せずにバンド帯にばかり注目が集まってしまうので安易に使用していては上達の妨げになってしまうので、注意が必要です。 とはいえ初心者の方でも比較的使用しやすいので是非ともオススメのツールです。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2600名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE