About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > 海外と国内の口座開設はどっちが有利?

海外と国内の口座開設はどっちが有利?

海外FX口座はもう開設しているでしょうか? 日本のFX会社は数多くありますが、日本国内に居る人でも海外口座を開設することができるのは知っていますか? 口座開設は日本のFX口座で行わないといけないルールはありません。 海外のFX会社も数多く存在し、日本国内に居ながらもインターネットがあれば口座開設することも可能です。 今回は海外のFX会社と国内のFX会社の違いについてふれて、どのような点で違いがあるのか紹介したいと思います。 まだ、FX会社をどこにするか迷っている人がいれば、参考にして頂ければと思います。

 日本の10倍以上のレバレッジを掛けることができる

まず、大きな違いはレバレッジの上限値が違います。日本では25倍までとなっていますが、海外口座であれば400倍以上と日本の10倍以上の上限値で取引ができる会社が多くなっています。 レバレッジの上限値が大きいということは確かにマイナスにふれた場合に負債を多く抱える可能性もありますが、少ない資金で大きく投資を行うことができますので「てこの原理」で資金を大きくすることも可能となるためプラス要因でもあります。 レバレッジを大きくすることで気を付けないといけない考え方を、「FXで借金する話があるけど、なぜ大損する人がいるのか?」の記事で説明していますので、参考にしてくださいね。 ただ、レバレッジが大きいのはメリットでもありますが、その分ロスカットになる危険性も高くなりますので、資金管理の徹底が必要になります。ロスカットの違いも海外と国内でありますので、続けて紹介したいと思います。

海外口座はロスカット基準も甘い

比較 先ほどロスカットの話を軽く触れましたが、日本と海外でロスカットになる基準にも違いがあります。 ちなみにロスカットは証拠金維持率がある一定の水準に達すると自動決済になる仕組みです。 この制度はマイナス面のみで捉えられるケースが多いですが、トレーダーの資金を最低限守るために設けられた制度でもあります。 それでは、日本国内のFX会社では、100%や50%の場所が多いのに対して、海外FX会社では、20%や0%の場所などもあります。 ロスカットになってしまうイコール、もっともマイナスとなった場所で決済されますので、トレーダーとしてはやってはいけないことの1つです。 また、日本のFX会社では狙った金額で約定できない現象である、スリッページが発生する可能性があります。 国内のFX会社はこのスリッページを極力抑える約定率を売りにしている所もありますが、海外ではほとんどが指定した価格で購入できるケースが多いようです。 それだけシステムがしっかりしていることもありますが、本来は注文した価格で購入できなければ、その分は損をすることにもつながるので、海外のFX口座の方がクレームにつながり、顧客流出になることもありえます。 海外のFX業者はこのスリッページの数値を公表している会社が多々あります。 それだけ対応を十分にしている自身の表れといえます。

 まとめ

ロスカットのリスクが下がる点からみても、海外口座にメリットが多くあるように思えますよね? ただ、入出金の手続きが大変であることや、日本語のサポートが行き届いていない会社も存在することから、初心者にはなかなかハードルが高いように思えます。 「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE