About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者だから勝てる!相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」について

FX初心者だから勝てる!相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」について

資金を得る 今回は、相場の格言である「頭と尻尾はくれてやれ」について考え方や実践する方法などを紹介します。 この「頭と尻尾はくれてやれ」ですが、取引をする時に底から頂点まで狙うのではなく、底から少し上がったところで開始し、頂点の少し下で取引を終えるという事です。(上下逆も同様) 一見非合理的なトレードになりそうですし、実際に底から頂点まで狙おうとする方はいます。 しかし、「頭と尻尾はくれてやれ」の考えを導入すると、比較的高勝率が期待できますし、損切り位置も明確にしやすいです。 何より、レンジ、トレンド両方で使用できますし、あらゆる手法の一つの基本となっているので是非参考にしてみて下さい。

「頭と尻尾はくれてやれ」は初心者こそ実践しやすい

頭 「頭と尻尾はくれてやれ」は初心者こそ実践しやすいです。 というのも、初心者は良い意味で勝ち方がわからないので、底から頂点まで狙う事を諦めてくれるからです。 少し勝ってきた中級者になると、欲が出てきて底から頂点まで狙おうとしてしまいます。 しかし、ぴったり底を狙うのは熟練のプレイヤーでもそうそう上手くいくことはありません。 もし、欲が出てトレード手法を改良する場合、もしかすると改悪になってしまう可能性があるという事を覚えておいて下さい。

「頭と尻尾はくれてやれ」は押し目買いと戻り売り!

尻尾 「頭と尻尾はくれてやれ」の考え方を見事に実行に移しているのは押し目買いと戻り売りです。 仮にブレイクアウト手法を狙う場合、ブレイク直後の第1波を見送る→調整による一時的逆行を待つ→押し目or戻しができる→エントリーといった形です。 この場合、調整による一時的逆行の底を当てる事ができればより多くの利益を得る事ができます。 底を当てる事が出来れば、ですが 実際にトレードする場合、底を当てるのは困難です。 自分が底だと思っても実際は更に下がり続けてしまい損切りとなる事が多いです。 この為、押し目を待つ事で底の位置を確認してからエントリーするのが結果的に良いという事です。 副産物もあります。 それは損切り位置が明確になる事です。 具体的な位置は押し目の少し下です。 そこが自分が底だと判断した点になるので、これ以上下落してしまった際は仕方がないので損切りしかありません。 もし押し目を待たずにエントリーしてしまった場合の損切りはどこにすれば良いのかわからないですよね。

「頭と尻尾はくれてやれ」の本質は底を見抜く事を諦めて取れるだけ取ろうという事

利益を残す ここまで「頭と尻尾はくれてやれ」の考え方をお伝えしました。 中身はとてもシンプルで、相場の底を見抜く事は諦めて、押し目ができた所を底と考えようという事です。 これで、押し目で少し上がってしまった部分は諦めるも、しっかりとエントリータイミングを合わせる事ができますね。

まとめ

今回は相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」について解説しました。 下手に欲張るよりも取れる所を取ろうという事でした。 現在のスタンダードと言える考えですので、特に無理矢理底を当てようと考えてしまっている方がいるのであれば是非参考にしてみて下さい。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立5年目、全国2700名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2700名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE