About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者必見!チャートパターン「ヘッドアンドショルダー」

FX初心者必見!チャートパターン「ヘッドアンドショルダー」

FX初心者 今回はチャートパターンの1つである「ヘッドアンドショルダー」について解説します。 三尊と表現されることもありますが、多くの書籍は「ヘッドアンドショルダー」と表現されるのが普通なので、こちらで覚えましょう。 「ヘッドアンドショルダー」ははっきり言って覚えなければ損と言わざるを得ません。 かなりの勝率が望める上にとても見つけやすく、損小利大となるエントリーポイントを見つけやすいです。 適当にトレードしてもある程度勝てると言っても過言ではありません。 とはいえ本当に適当にする訳にはいきませんし、あくまでも人によって向き不向きがあるので、実際にトレードする場合は必ず自分で優位性を確認してからにしましょう。

「ヘッドアンドショルダー」とは

「ヘッドアンドショルダー」とは 「ヘッドアンドショルダー」とは以下の画像のようなパターンです。 「ヘッドアンドショルダー」の解説 両肩と頭があるように見える事からこの名前が付いたのだと思われます。 基本的にはネックライン(画像の青の部分)からショートポジションを取るのが普通ですが、 実は裏ワザ的手法があり、右肩部分の少し下からでもエントリー可能です。 この場合若干勝率は落ちるものの、損小利大が狙えます。 まずはオーソドックスなネックラインからのエントリーを解説します。 画像に注目して下さい。 赤のマークが買ったプレイヤーの損切りライン(決済ポイント)と思われます。 画像よりも下で買ったプレイヤーの損切りも赤のところへトレールしていると考えるのが無難でしょう。 そして、いざ価格が落ちてきて画像の青のマークのところまで落ちると赤のマークのところの損切りが爆発して大きく下落するのを狙う手法です。 つまり、オーソドックスなやり方としてはエントリーは青のマークで行います。 赤のマークの少し下のレートですね。 赤と全く同じレートにしてしまうと跳ね返されて上昇してしまう可能性を捨てきれません。 次に、裏ワザ的手法で 「ヘッドアンドショルダー」を攻略する方法を解説します。 この場合大きな利益を狙えますが若干勝率が落ちます。しっかりと損切りをしましょう。 結論から言うと画像ピンクの部分でショートでエントリーして下さい。 これには理由があります。 皆さんは「だましの高値」という言葉をお聞きした事がありますでしょうか? これは、最高値を作った後の押し目で最高値を更新出来なかった場合価格が下落する傾向がある事を表しています。 「ヘッドアンドショルダー」のヘッドが最高値だった場合完全に「だましの高値」となります。 これを利用する事でフライング気味にエントリー可能です。 より高い位置で売れるのでとても資金効率が良いです。 しかし、この手法は上目線の状況で売っているので、上に挙げた勝率が落ちるという話に繋がります。 一般的に上目線が変わるのは最高値を作った押し目を下回ったタイミングです。 画像の青のマークのところですね。 勝率を求めるならばオーソドックスな方法をお勧めします。

まとめ

今回はチャートパターンの1つである「ヘッドアンドショルダー」を解説しました。 パターンの中でもわかりやすく、現れる頻度も「ダブルトップ、ボトム」に次いで多いです。 オーソドックスな方法、裏ワザ的方法の2つがありますので、自分に合う手法を駆使して頂ければ幸いです。 是非参考にしてみて下さい。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2600名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE