About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者から上級者まで必見!なにかと誤解の多いレバレッジ

FX初心者から上級者まで必見!なにかと誤解の多いレバレッジ

FX 初心者 今回はレバレッジについて解説をしていきます。 多くの人は「レバレッジが高いと危ないのではないか」と思われると思います。 レバレッジを高く設定すればハイリスクハイリターンになります。 それでもし負けてしまったら大損してしまいますよね。 その為、確かに危険と言えば危険であることは疑いようもありません。 しかし、本質的にはレバレッジが高い事自体が危ないのではなく、資金管理ができていないことが危ないということをお話していきます。

レバレッジとは

レバレッジ FXにおけるレバレッジとはより少ない証拠金(資金)で取引を行おうとするものです。 具体的に見ていきましょう。 例えば1ドル100円であり100円あれば取引できるとしましょう。 もし、1ドル100の時にドルを買い、101円になった時に売るとしましょう。 この時の儲けは1円です。 また、買ったドルが99円になった時に売れば損失は−1円です。 勝っても1円、負けても1円です。 ここでレバレッジが登場します。 買っても1円、負けても1円の勝負をするのに100円が必要というのは少しおかしいですよね。 この取引は10円もあれば充分にできます。 この、本来100円必要なところ、10円で済まそうというのがレバレッジです。 なんとなくイメージがつかめたでしょうか? この例題の規模を大きくしたものが実際にFXで行われています。

ハイレバのリスクって何?

ハイレバ 高いレバレッジをかけることのリスクとはなにかを考えてみましょう。 先ほどの例題では勝っても負けても1円しか動かないのであれば100円用意する必要はなく、10円もあれば足りてしまうというものでした。 よってレバレッジがいくつだろうが勝って得るお金、負けて減るお金は変わらない事が確認できたと思います。 ただ、それなら何故ハイレバが危険と言われているのだろうと疑問に思うかもしれません。 これを解説します。 先ほどの例の 勝ったら1円得て負けたら1円減る取引を100円持っていて行う場合と10円持って行う場合何も変わらないと解説しました。 しかし、違うものが1つあります。 残りの資産です。 100円持っている場合は負けたとしても残り99円 10円持っている場合は負けたとすると残り9円です。 もちろんこの例ではちっぽけな金額ですが、実際にFXで多額の財産を賭けているとなれば話は別です。 これがハイレバのリスクです。

レバレッジを上手く使うにはどうすれば良いの?

FX 初心者 これまでレバレッジ自体は問題でなく、どれほど多額の取引をするかで残りの財産に影響が出ることを示してきました。 ここから結局どうすればレバレッジを上手く行かせるのかというと結論としては以下の通りです。 「身の丈にあった取引をする」 具体的には長期間の取引をする場合レバレッジを抑え目にして取引できる数量を減らし、負けた時に備えるべきです。 短期間の取引をする場合は負けたとしてもあまり大きな損失は出ないので、積極的にレバレッジをかけても良いでしょう。 ただし、かけすぎには注意が必要です。適切な倍率で取引に臨みましょう。

まとめ

今回はレバレッジについて解説をしました。 結局レバレッジはクレジットカードのようなもので、基本的には便利ですが、使いすぎには注意が必要という事ですね。 基本的には便利というだけに、使い方を間違えた方が「ハイレバは危険だ」と主張し、実際に最大レバレッジ倍率が減ってしまったことは残念ですが、決して間違っているわけではないだけに仕方がないですね。 残念な事に2018年1月現在でも日本の金融界では最大レバレッジ25倍→10倍へ減らす試みがされているそうです。 初心者の方が少しでもレバレッジを理解できたのであれば幸いです。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE