About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX投資初心者を守る「マージンコール」

FX投資初心者を守る「マージンコール」

初心者 FXをやりたくて口座開設したのに、取引をあまり実践できていない。 理由はロスカットの強制決済になってしまう可能性があるので、なかなか積極的に行えていない。という人もいると思います。 ですが、FXにはいきなりロスカットになる訳ではありません。ロスカットになる前にアラートをならしてくれる仕組みがあるのです。 そんな仕組みをしらなかった。そんな仕組みがあるなら、取引出来るかもしれない!と思った人は是非、参考にしてもらえればと思います。

「マージンコール」はトレーダーを守る仕組み

管理 実際に「マージンコール」とはどのような現象をいうのでしょうか? これはFX会社各社では、資金の維持率が強制ロスカットとなるラインとは別に、もう少ししたらロスカットになってしまうリスクがあるラインを設定しています。 そのラインに達した場合に登録しているメールアドレスにアラートメールを送信してくれる仕組みとなっています。 FX会社としても、長く取引を行って貰いたい。 そして、急激に相場が変わった場合に連絡ができるようにと考えられた処置であると考えられます。 このアラートを受け取った場合は、今後の展開次第でロスカットとなってしまう可能性が高いです。 そのため資金を追加するか、現在ポジションを持っている場合は決済することをおすすめします。

設定金額は会社ごとでまちまち

会社 では、「マージンコール」は一律でどのラインに設定されているか決まっているかというとそういう訳ではありません。 ただ、各社のWEB画面上に同仕組みについて説明がされているはずなので、1度確認してみることをおすすめします。 これは取引する人の手法次第にはなりますが、ロスカットのラインと比べて、「マージンコール」のラインが離れている場合は、リスクが低い段階でアラートメールを受け取れるので、レバレッジを低く設定しておきたい人には有効になります。 レバレッジを比較的高く設定して取引を行いたい人の場合、アラートメールが頻繁に届く可能性もあるので、口座開設する際の比較の1つに活用して頂ければと思います。

通知が来る=危険な状態

危険 レバレッジを高く設定、低く設定している人であっても、ロスカットを受けたくないのは共通認識のはずです。 その可能性が高くなっている状況が「マージンコール」の通知が来ている状況です。 この状態が続くようであると、ロスカットになるリスクだけではありません。 「追加入金」を行わないと追加の取引が行えなくなります。その場合、エントリーしたい相場が来たとしても取引できない状況となります。 維持率が低下することは、良いことが何もないので投入資金とレバレッジには注意し、資金管理を徹底することが必須となります。 レバレッジについては別途以下のページで説明しているので参考にしてください。「FXは少額から始めても絶対稼げる」

まとめ

・FXには救済処置として「マージンコール」が設定されている。 ・ただ、通知が来ると時点でロスカットの危険性が高まっていると理解する。 上記の2点を説明してきました。せっかく口座開設してFXを行う準備が整っているのに、リスクを気になって取引ができない。 取引を行ってもロスカットになってしまって大きく損失を被ってしまった。そのまま、止めていってしまってはとても勿体ないです。 ただ、これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取引の説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE