About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者の内に知りたい!相場を動かすのは集団心理

FX初心者の内に知りたい!相場を動かすのは集団心理

集団 今回は、FXの非常に重要な要素である集団心理について解説していきます。 これがFXのレートを動かしているといっても過言ではありません。 皆さんはFXの取引をする時視線ははチャートに釘付けになっていないでしょうか? もちろんチャートに集中する事はとても大切ですが、更にステップアップするにはチャートを作り上げている人の心理を考える必要があります。 FXをしているのは自分だけではなく、大勢の思惑が重なってロウソク足が形成されます。 この大勢の思惑を理解することでとても優位に立つ事ができます。 チャートパターンもその1種なので、チャートパターンの勉強をする手助けにもなるかもしれません。

相場を動かす直接的原因はニュースではない

ニュース FXの根本とも言える値動きを作っているのは何でしょうか? 実は、金利が上昇するというニュースが入ったから上がる、テロが起こったから下がるといったニュースによって変動するというわけではありません。 もちろん間違いではないのですが、それ以前に金利が上昇してその通貨を持っておきたいと大勢が判断したから上がり、テロが起こり、不安が煽られ、通貨が暴落すると大勢が判断したから下がるのです。 結局相場を動かしているのは大勢の思惑です。 つまり、集団心理ですね。 それをチャートから読み取る事が大切です。

集団心理のマスターはFXのマスター

集団2 集団心理をマスターする事はFXをはじめ、様々な金融商品をマスターする事とほぼ同義です。 理由は上記にある通り、相場は大勢の思惑により動いているからです。 集団心理を効率良く学ぶにはチャートパターンを学ぶ事をお勧めします。 チャートパターンは全て集団心理を見越した考え方をしているので良い訓練になるでしょう。 また、更に付け加えるとすれば、チャートパターンが崩れた時もチャンスと言えます。 例えば、「ヘッドアンドショルダー」のネックライン付近でレートが目に見えて上がったとすれば、その後も上がる事が予測できます。 なぜなら、ネックラインで雪崩を打ったように下落する事を期待した投資家の損切りがネックラインの少し上に入っていると考えられるからです。

OANDA社の提供しているオープンオーダーなどで断片的な情報を得ることは可能

板、断片 実際に集団心理を利用したトレードをするとしても少し難易度が高いと考えてしまうと思いますが、ご安心下さい。 2018年3月現在ではOANDA社やドゥーカスコピー社が注文情報を載せています。 このサービスを利用する事で確率の良いトレードができます。 注文情報を載せるサービスを行なっている会社は他にもありますが、OANDA社では世界中の多くの取引が行われている為、信頼性が高いです。 ドゥーカスコピー社も大手銀行の注文情報を載せている為、同じく信頼性が高いです。 手法は単純で、例えば集団心理(チャートパターン)的に上がりそう判断した際、注文情報を確認して、ここでも上がりそうであればエントリー根拠の上乗せができるので、確率の良いトレードが可能になります。

まとめ

今回は集団心理について解説しました。 FXの値動きの根本となる要素なので、じっくりと学習する価値は十分にあります。 注文情報サービスを利用しての予測がしやすい時代ですので是非参考にしてみて下さい。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立5年目、全国2700名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2700名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE