About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者必見!反転するタイミングを捕まえる。ストキャスティクス

FX初心者必見!反転するタイミングを捕まえる。ストキャスティクス

ストキャスティクス 今回はオシレーター系のインジゲーターであるストキャスティクスについて解説します。 ストキャスティクスは主にレンジ相場での逆張りに使用されます。 現在のレート的に買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかがわかりやすいので、反転する流れを捕まえやすいです。 オシレーター系のインジゲーターということで画面の下に設置することができるのでチャートが見やすいのも大きなメリットです。

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスとは 現状が買われすぎなのか売られすぎなのかを視覚的に判断することに長けているインジゲーターです。 インジゲーター 現在のレートを過去の一定期間の値動きと比較し、上のライン(初期設定は80%が多い)に達していれば現在のレートが買われすぎとなり、 下のライン(初期設定では20%)に達していれば売られすぎと判断されます。 ストキャスティクスが得意とするのはレンジ相場です。 現状が買われ過ぎか売られ過ぎか知ることができれば、上手くいくとレンジの上から下まで取れます。 トレンドが出ていない時にも使えるので、ものにできれば非常に強力です。 というのも、相場の大半はレンジ相場と言われているくらいなので何にも代え難い魅力があります。 弱点があるとすればトレンド相場が比較的苦手です。 もし上昇トレンドが出ていればストキャスティクスは80%以上を指すでしょう。 「これは買われ過ぎだから逆張りしてショートしよう!」と考えたいところですがこれは危険です。 トレンドが出ている場合一方的な値動きになりがちなので、ストキャスティクスが一向に80%から落ちてこなく、そのままレートが伸び続けることは珍しくないです。

ストキャスティクスを利用したトレード手法

ストキャスティクスを利用したトレード手法 ストキャスティクスを利用したトレード手法を紹介します。 まずは現在レンジ相場であることを確認して下さい。ストキャスティクスは先に述べたように、トレンド相場では機能しない事が多いので、必ず確認しましょう。 具体的な手法は、レンジ相場でストキャスティクスが80%以上を(20%以下)を指してから反転を確認して逆張りです。 もしストキャスティクスが80%以上を指して飛び乗りでショートしてしまうと、そのまま上昇した場合ブレイクアウトとなり、損切りまでまっしぐらになります。 少し勿体無いですが、ある程度レート、ストキャスティクス共に落ちたのを確認した後にエントリーすることをお勧めします。 かなり押し目買いと戻り売りのやり方に近いですね。 この時の損切りラインはレンジの少し上が良いでしょう。 レンジの幅にもよりますが、損小利大を狙えるので、お得な取引ができるのではないでしょうか?

まとめ

今回はストキャスティクスについて解説しました。 オシレーター系なのでチャートが見やすいので、ロウソク足を見ずにインジゲーターだけをみてしまう類や判断ミスが比較的少なくなるので、とても有効です。 中にはトレンド相場でしか取引しない方もいるかもしれませんが、もしレンジ相場で取引する際には是非参考にしてみて下さい。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2600名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE