About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > ポジションを持つ通貨のリスクについて勉強しよう

ポジションを持つ通貨のリスクについて勉強しよう

リスク FX投資をすでに行っている人はFXの通貨種類の多さに驚いた人もいると思います。 ただ、投資先の通貨については深く検討せずに決めている人もいるのではないでしょうか? また、すでにどの通貨に対して投資を決めた人であってもメリットとなるポイントに注力することが多いです。 今回は通貨選択に対するリスクに目を向けて、どのようなリスクがあるのかを説明したいと思います。今後の通貨選択での参考になれば嬉しいです。

 為替利益狙いかスワップ狙いか

為替 通貨の種類によって、スワップ金利が多く取れる通貨と、取りにくい通貨があります。 金利とはそもそも通貨が不安定のために購入者を増やす目的のため、またインフレを抑えるために金利を高めに設定しています。 ※金利に関係するスワップポイントについては「FX初心者必見!スワップポイントって?」にて詳細を記載していますので、参考にしてください。 ただ、金利が低い通貨であっても、為替の動きが激しく動く通貨と、動きがあまりみられない通貨など、通貨の種類によって様々な動きをします。 その通貨の持つ特徴についてはデモトレードを行えば、自分の資金を使わないで得ることができます。「FX初心者がデモトレードで経験した方が良いこと3点」

金利変動がされやすい?動かない?

金利変動 さきほどの為替動作にもつながってきますが、金利変動が起こりやすい。また、金利変更が大きく変動する通貨は値動きが大きくなる傾向にあります。 これは先進国では金利変動が起こりにくく、新興国になれば金利変動が起こりやすくなります。 ただ、先進国であっても米国のように景気が良く、インフレに振れてきている状況を抑える。 そのような状況化では金利上昇が定期的に起こります。 そのため、経済指標である政策金利発表時前後には取引を控えるなど、ファンダメンタルズ分析も怠らないようにしましょう。

投資されやすい通貨か?

流動性通貨 投資している人が多い通貨かどうかも重要です。新興国は先ほど説明した通り、金利も高く魅力的な投資先にみえます。 ですが、魅力的な点があればそれだけリスクも存在します。高金利通貨の場合は為替変動も激しく動くため大きなマイナスを被る可能性が大きくなります。 逆にドル円、ユーロドルなどの先進国通貨であると、経済状況で値動きが大きくなるリスクはあるものの、ドル円を例にみてみると、大きくみたレンジで100円~120円の中での値動きが中心です。 そのため、投資金額を大きくしなければ、ポジションを取る。決済を行う。などのポイントを判断しやすく、バランス良く投資することが可能です。 また、違った通貨を複数ポジション持つ時には流動性の高い通貨と低い通貨を持つことでバランスを持つことができますし、流動性の高い通貨であるが、ドル円、ユーロドルなど通貨の種類を変更することで、1方向に変動するリスクを回避することも可能です。 「どの通貨」と「どの種類」を選択するかはバランスをみて判断することでリスク分散することも可能になります。

まとめ

・為替変動を取るのかスワップ金利を多く取れる通貨を選択するか ・金利変動を意識する ・通貨の流動性を意識し、リスク分散の観点も考える 上記について説明してきました。どの通貨を選択するのか、どのような戦略を取っていくのか?自分で選択できない場合もあると思います。 その場合はすでに成功している人から情報を受けることも1つの解決方法になります。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取引の説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2600名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE