About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > 【FX初心者の疑問】収益の税金はどうなっているの?

【FX初心者の疑問】収益の税金はどうなっているの?

FX 初心者 日本最大FXコミュニティ講師の上滝です。 FXの収益は課税対象だということはご存知でしょうか? 実際にFX取引している経験者でも知らない人は少なくありません。 税金と聞くと複雑で難しいというイメージがありますが、FXに関する税金は意外にもシンプルで、初心者の人でも簡単に理解することができます。 本記事ではFXに関する税金について説明していきたいと思います。 税金の仕組みを理解すれば得をする場合もありますので、この機会に覚えておくことをオススメします。

課税額

FX 税金 FXの課税額は収益に対して一律20%となっており、「雑所得」という所得に該当します。 雑所得を簡単に説明すると「本業の給料以外のお小遣い目的で稼いだお金」になります。 収益に対して20%課税されるので、100万円利益をだした場合、20万円は税金として差し引かれ、手元に残るのは80万円になります。 税金はすぐには差し引かれませんので、手元にある資金のうちどのくらい税金で支払う必要があるのか把握しておきましょう。

確定申告が不必要な人

FX 確定申告 FXで収益をだしていても確定申告が不要な場合もあります。 以下の項目にいずれかひとつでも当てはまる場合は確定申告は不要です。 1.年収2,000万円以下のサラリーマンで、給与所得以外の所得が20万円以下の人 2.専業主婦や無職の方で所得が38万円以下の人 1の「給与所得以外の所得が20万円以下」とは1年間の通算利益が20万円以下になることを意味します。 特に注意するべきこととして、後者の2に該当する人は38万円以上の利益をだすと、配偶者控除(扶養)から外されてしまいます。 その場合、ご主人の税金の負担額増加やご自身の「国民健康保険料」や「国民年金保険料」などの支払いが発生することをあらかじめ認識しておきましょう。

損失を3年間繰越できる

FX 損失 確定申告が必要なのは利益をだした時だけではなく、損失をだした時も必要になります。 「損したのに確定申告する必要があるの?」と疑問を抱く人もいると思います。 損失をだした時に確定申告しておけば、向こう3年間は利益と相殺することができ、課税対象となる金額を抑える効果があります。 損失をだした時も必ず確定申告するようにしましょう。 FXは商品先物や日経225などの先物取引と損益通算することができます。 例えば、FXで利益100万円をだし、商品先物で100万円の損失をだした場合、利益と損失を相殺され、課税対象となる金額はなくなります。 損益通算できないものは「株式投資」、「給与収入」などになり、損益通算時によく間違われるのは株式投資の損益です。 FXと株式投資は損益通算することができませんので、ご注意ください。

まとめ

経験の長いFXトレーダーでも税金に関しては知識のない人が多く、知識を身につけることで得をすることもあります。 特に、「損失を3年間繰越できる」ことは覚えておくことをオススメします。 今回は税金について説明させていただきましたが、FXで勝つためにはノウハウやスキルが必要になります。 「FXのルールや仕組みについてもっと知りたい」という人には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FXの基本的なルール、継続的にFXでお金を稼ぐノウハウもお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせ下さい。 現在僕は設立4年目、全国2400名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE