About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者が忘れてはいけない気持ち

FX初心者が忘れてはいけない気持ち

気持ち FX取引の回数が増えてくると、FX自体に慣れて来た。と感じる人もいるのではないでしょうか? ただ、投資を初めて行った時の気持ちを忘れると手痛い失敗をすることもあります。 今回は初心で大事な考え方について説明したいと思います。 改めて気持ちを引き締めるつもりで、参考にして頂ければと思います。

最初にエントリーした時の気持ち

初心者 初めてエントリーした時の気持ちを覚えていますか?緊張と興奮の入り混じった感情だったのではないでしょうか? 間違いなくいえるのは、楽しみながら取引ができていたということです。 投資金額は少ないかもしれないです。ただ、どうなるかをドキドキしながらチャートを見ていたり、結果に対して一喜一憂していた時期が必ずあるはずです。 短期のトレードに対して一喜一憂するのは良くないことではあります。ただエントリーするときに慎重になる。 利益確定、損切りする際に勢いだけではなく、きちんとした理由のもとで実施していたはずです。 今もその考えの元で行えているのであれば継続してほしいです。 ただ、実践できなくなっていると思った人がいる場合は昔の緊張しながらエントリーしていた時の気持ちに振り返ってみるのもいいかもしれません。

為替を24時間いつでも行った集中力

集中力 あなたはFXに費やす時間はどれくらいでしょう?始めた当初は1日中見ていたけど、最近は時間が減ってきた。 なんて人もいるのではないでしょうか? 確かに、時間を掛ければ良いという訳ではないです。ただ、FXにかけている時間は目標を持って集中して行った時間でしょうか? 人によるところが大きいですが、理由の1つに慣れがあるのではないでしょうか? 人は慣れてくると、FXの嫌な部分であったり、甘えが出てきます。また何もかもが新しい事ばかりであった時には、何かを覚えることが自分の成長につながり楽しかったことでしょう。 ただ、単純にチャートを眺めているだけでは、FXは成長しません。 今一度、その日の取引に目標を持って取り組むことから再度思い直してみては如何でしょうか。

小さい利益でも嬉しかった気持ち

利益 そして収益面も、当初は小さい金額で始めていたと思います。 その中で100円、1000円プラスになったと嬉しい気持ちを持っていたはずです。 たとえ相場が良かった、そしてエントリーしたタイミングが良くて勝てる機会が増えてきた。 それが理由であったとしても、自分のこれからのFXライフについて夢をみて投資に力を入れていき、投資資金を増やしていった人もいるのではないでしょうか? ただ、そこで相場を読み間違えてなどで大きな損失を抱えてしまった。 コツコツ利益を積み上げていたのに、一気にマイナスを被ってしまいトータルで損失の方が大きくなってしまった。 そのような体験をしてしまって嫌になってしまった人もいると思います。 それは結局、自分ルールやスタイルが明確に決まってない状態で、思い込みの投資手法で突き進んでしまった可能性が高いです。 また、ビギナーズラックの可能性もあります。 ※ビギナーズラックの詳細は「FX初心者にはビギナーズラックはあるのか?」に記載しています。 勝っている時にこそ、FXを初めて勝った時の気持ちを忘れずに、気を引き締めて取り引きするようにしましょう。 ただ、利益を取れているということは必ず合っているポイントはあるはずなので、トレードから遠ざかってしまうのではなく、昔の勝っていた時のトレード記録などを見直して改めて投資手法について考えていってほしいと思います。

まとめ

取引自体を初めて行った時の気持ちについて説明しました。特にFX自体に成果が出ていない人は思い当たった人もいたのではないでしょうか? 今回、言いたかったことは慣れてきた時にこそ、初心を思い出してほしいということです。FXで成功したいと思って始めたとき具体的にどうなりたいか考えたと思います。その強い思いを再度行動に移してほしいと思います。 そしてこれからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (2600名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE