About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者は意識してほしい!時間帯毎の傾向

FX初心者は意識してほしい!時間帯毎の傾向

FX 初心者 今回は時間帯毎のトレードの傾向について解説します。 FXは、時間帯でプレイヤーが変わります。 当然その力関係も変わるので意識しなければなりません。 特に朝と夕方では本当に同じFXなのかと疑いたくなる程に値動きが変わる事はよく見受けられます。 かなり重要な事の1つですので是非この機会に覚えてみて下さい。

時間帯毎の傾向3つ

時間帯 ※以下は全て日本時間です。 まずは、9時〜15時です。 これは東京時間と言われていて、主に日本を中心とした銀行で取引が行われています。 値動きの特徴としては小さめです。 トレンドができにくく、レンジ相場が続く傾向があります。 FXは主に欧米のプレイヤーが価格を動かしているので、この時間帯は稼ぐにはあまり向いていませんが、損しにくいと言えます。 冬時間17時〜翌朝1時 夏時間16時〜12時(0時) この時間はロンドン時間といいます。 ヨーロッパのプレイヤーが取引をする時間帯です。 ここから今までとは比べものにならない位に価格が動き始めます。 トレンドができやすいのもこの時間帯からです。 なるべくトレンドに逆らわずにトレードしていきたいところです。 21〜0時位 日にもよりますが、この時間は指標発表があります。 いつどの指標発表があるのかは各取引サイトで確認しましょう。 また、指標により重要度が違うので注意が必要です。 一瞬でとても多くの値動きがあるので、初心者は避けた方が無難でしょう。 また、この時間以外にも指標発表はありますが、重要なものはこの時間帯に集中しています。 夏時間22時30分〜翌朝5時 冬時間23時30分〜翌朝6時 この時間帯はニューヨーク時間と言われています。 ここからニューヨークのプレイヤーが参戦してきます。 ロンドン時間と同じで激しく価格が動きます。 特に、ロンドン時間とニューヨーク時間が合わさっている時間帯は1日の中で最もレートが動きます。 最安値を更新したと思ったら最高値を更新していたというのも珍しくありません、 夏時間朝6時位 冬時間朝7時位 この時間はスワップ金利が発生する時間帯です。 時間は6、7時位と書きましたが、これはスワップ金利が発生する時間がFX業者によって細かな違いがある為です。 全体的な傾向としては、東京、ロンドン、ニューヨーク全ての市場がしまっている為、流動性が落ちます。 また、スワップ金利狙いのトレーダーを狩るべく、業者側がわざとスプレッドを広げる事がまれにあります。 スプレッドが不自然に広がっていたらこれを疑いましょう。 いずれにしてもあまりトレードには向きませんね。

市場の終わり際

市場 東京、ロンドン、ニューヨーク市場の終わり際には今までの値動きとは反対方向に動く事があります。 これは、各市場のディーラーさんが利益確定するからだと思われます。 ディーラーさんは基本的に一定の成績を出さないとクビになってしまいます。 この為、翌日に予想外の値動きに慌てないようにポジションを決済します。

まとめ

今回は時間帯毎のトレードの傾向を解説しました。 FXトレーダーにはロンドンからニューヨークの間にしかトレードしない人が多くいます。 やはり、トレーダーは値動きがないと利益を出す事ができません。 この為、欧米時間は魅力的です。 我々日本人は仕事終わりに欧米時間にトレードできるので、時間帯的にはかなり恵まれていますね。 この特徴を利用して上手くトレンドに乗っていきましょう。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE