About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者にこそ簡単?板情報を利用したトレード

FX初心者にこそ簡単?板情報を利用したトレード

FX 初心者 今回は板情報を利用したトレードを解説します。 板情報とは簡単に言うとプレイヤーの注文状況の事です。 他のプレイヤーの注文情報を見る事が出来るのはかなりのアドバンテージになるでしょう 為替相場は株と違って注文情報の全てが覗けるわけではありませんが、FX業者の中には業者内の注文情報を載せてくれています。 また、ファンダメンタルズなどの動きをあまり気にしなくても良いので(ほったらかしではいけませんが)初心者の方でも取っつきやすいのではないでしょうか?

板情報って?FXに存在するの?

板情報 板情報とは他のプレイヤーの注文情報が載っているものです。 具体的にはどのレートに損切り、利益確定、新規注文が入っているかなどです。 株では板情報がかなり一般的で、「板読み」という言葉が普及していますがFXではあまり聞きなれないですよね。 と言うのもFXは単一の市場ではなく、世界中の取引量によってレートが決定される為世界中の板情報を管理する事が難しい為です。 しかし、数は少ないですが板情報はFX界でも存在します。 代表的なのはOANDA社が提供している オープンオーダーとオープンポジションです。 同社のホームページを開けば会員登録の必要なく閲覧可能です。 もちろん世界中の板情報が載っているわけではありません。 OANDA社の顧客の注文情報を提供してくれています。 OANDA社を経由して世界の取引が2割程度行われています。 これはかなりの高水準なので板情報としての信頼性は充分にあります。

板情報を利用したトレードのメリットとデメリット

メリットとデメリット 先に板情報を利用したトレードのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

・高勝率 1番の売りです。 板情報はここで上がるor下がると直接書いてあるに等しいので当然勝率は上がります。ただし、板情報自体の信頼性がある事が前提です。 また、当然他のプレイヤーの注文情報は常に変動するので、これも注意点です。 ・ファンダメンタルズ分析が必要ない 純粋にどのレートで上がるor下がるを判断するだけの為ファンダメンタルズ分析をする必要がありません。 しかし、直近に控えた指標発表や銀行総裁の発言などには気を配りましょう。 これらには今までにしてきた分析を無視してレートを上下させる力があります。

デメリット

・板情報の見方が最初は慣れない インジゲーターなどと違い、見方が少し難しいですが慣れれば簡単です。 デメリットと呼べるほどのものではありません。 ・ファンダメンタルズ分析の勉強を疎かにしてしまいがち メリットとの裏返しになりますがファンダメンタルズ分析が必要ないのでそのぶん世界情勢に疎くなってしまう危険性があります。 こちらも自分で解決出来る問題なのでさして気にする必要はないでしょう。 ・板情報を提供している会社が少ない 板情報を提供している会社が少ないので比較などが難しく、何より、今後その会社が存続する保証はありません。 板情報に依存した取引をしていると、いざ提供している会社が倒産などで板情報が機能しなくなった時に困ります。 余裕のある時に別の策も用意しておきましょう。

まとめ

板情報は慣れればとてもわかりやすく、どこで売るか買うかなど決めやすいです。 いくつか板情報を提供している会社はあるようですが、上にある通り、OANDA社のものが見やすく、使いやすく、信頼性も高いのでとてもオススメです。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE