About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FXはハイリスク?

FXはハイリスク?

チャート分析

為替のチャート分析の仕方は大きく2つあります。

  今日は相場の2大分析法である ・ファンダメンタル分析 ・テクニカル分析 について書きたいと思います♪

1、ファンダメンタル

ファンダメンタル分析というのは、 各国の経済的、政治的状況などから 相場を予想する方法です。 主に短期の取引では経済成長率(GDP)や 雇用系指標(失業率や新規雇用者数など)、 物価指数(CPI・PPIなど)、国際収支(経常収支・貿易収支など)、 などの経済指標から予想したり、 あと、わかりやすい例を出すと いま国内ではアベノミクスという政策が行われてますよね。 あれは為替だけのことでいうと、円安の方向に向かうものです。 なので安部さんがアベノミクスをやりまーす、と言ったときに 円安に向かうと予想して、円の売りを仕掛けるという感じですね♪ ですが、1日ですぐ円安にはすぐならないので ファンダメンタル取引の場合 『長期保有』のことも多いですね。 2、テクニカル チャート上に移動平均線やフェボナッチなどの 補助的な線を表示させて、チャートの形から チャートを分析していく手法です。 チャートは相場に参加している人々の意識の集合なので 面白いぐらいに反応します。 僕らのコミュニティーでは 1のファンダメンタルは一切使用していません。 2のテクニカルのみです。 何故か?! ファンダメンタルはリスクが高いからです。 米の経済指標が発表される時間などは一瞬で価格が上下します。 勝つときは大きく勝てるが、負けるときも同じく大きく負けます。 でも、市場予想が出てるからある程度予想出来るのでは?! と思う方もいらっしゃると思いますが 経済指標の発表でチャートが動くのは 前回値より市場予想が良い・悪いから価格が動くのではなく、 市場予想と結果の差によって価格が動く事がほとんどです。 要は、ほんの1秒もたたないうちに判断しないといけないという事です。 博打に近い投資と化します。 勝つときは大きく勝てるが、負けるときは大きく負ける。 リスクがとてつもなく大きく安定的に勝つ事はできません。 一攫千金を狙う人は挑戦してみると良いかもですけど、 おすすめはしません。 大金を得るか資金が沢山減るかです。 これがFXをしたことのない人が想像しやすい FXのハイリスク・ハイリターンのイメージですね。 あとはファンダメンタルで勝てない理由は 情報を得られるスピードですね。 一般庶民では情報スピードでいうと末端の末端です。 アベノミクスだって、何かの発表だって、 あなたより先に知る人がたくさんいるわけです。 僕は自分の土俵で勝負できるテクニカルしかやりません。 FXをはじめ、投資というのは実は 「負けベース」で考えることが非常に重要です。 いかに負けないかに主眼を置くんですね。 何故ならマイナスを出さないで、少しでもプラスを残していけば 月利5%だとしても、複利の力で最終的には 大きなお金にすることが可能だからです。 マイナスを出さずに、少しでも利を残すことが重要なのですね。 大勝ちは必要ないのです。 あとファンダメンタルは長期保有が多いのですが、 長期保有はリスクが高いです。 過去のスイスフランやリーマンショック、 3.11の地震など予想できたでしょうか? 予想もできないことが突然起こり、 逆ポジションを持っていた場合、大損こきます。 なので、僕たちは長期でもちません。 短期売買のみです。 短期なので、一回の取引の勝ち幅はもちろん小さいのですが、 負け幅もかなり小さいです。 僕らのコミュニティでは一回の負け幅を資金の2%に設定しています。 なので、ルール守っている生徒さんで資金を失ったという方は2000名いて一人もいません。 手法としては 「負けをできるだけ少なくして、小さな勝ちをコツコツ積み重ねる」 という感じですね。 複利の力を効率的に使うにはこのやり方が一番合ってます。 僕も周りで月収で1000万とかいってるトレーダーは皆さん短期のテクニカルのみです。 僕のコミュニティはテクニカルでのトレードで安定して運用していく事を学べます。     この記事を読んで見てFXにご興味のある方は、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINEをご追加ください。 (公式LINEの追加は無料で出来ます) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE