About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者必見!爆買いが為替相場に与える影響は?

FX初心者必見!爆買いが為替相場に与える影響は?

インバウンドが国家戦略となっているだけあって、多くの外国人の方が日本に訪問されています。

その中で、昨今注目されているものとして爆買いがあります。

では、爆買いがFxに影響があるものなのでしょうか?

ここでは、爆買いとFXの関係性について解説します。

爆買いとは一体何?

まずはじめに、爆買いについて改めて解説します。爆買いとは、一度に大量にものを購入することを意味している俗語です。

主に、日本に訪れた中国人観光客の方が、大量に商品を購買して帰国する姿が多く見られ、2014年頃までに定着に爆買いという言葉が定着しています。

特に、2015年2月の春節休暇に中国人観光客が日本に訪問して、高額商品を筆頭として日用品を含めて様々な商品を大量に購入し、これを取り上げたメディアが爆買いというフレーズを使用したことで、一気に定着しました。

この時は、春節期間中に日本を訪れた中国人観光客は、なんと45万人にのぼったと言われており、消費額は66億元(1,140億円)を記録しました!

これにより、日本企業にとって無視できない存在となってビジネスチャンスとして捉えられ、主に大型家電量販店などで春節期間を中心として海外のお客様向けの商品ラインナップやセールを設定するなどの対応が取られることになります。

爆買いという用語は、2015年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出されています。

2016年に観光庁が発表した2016年4-6月期訪日外国人消費動向調査では、1人当たりの支出で中国人は22.9減の22万円と大幅に減少しています。

ただ、他の国からも多くのインバウンドによって来日される方が増えていて、全体的な相場としてはまだまだ魅力的なものとなっています。

爆買いが進行したのは円安の影響が大きい!

なぜこれほどまでに、中国人の方を筆頭として爆買いが発生するかというと、まずは日本の商品がとても信頼性が高いという事が挙げられます。

中国では安く技術的にも優れたものを購入できますが、品質管理という面で見ると日本のメーカーと比較すると見劣りするのが実情です。

多少高くても、高信頼性の日本製を購入したいというのが本音で、日本に訪問して一度に多くのものを購入しているのです。

また、それだけでなく円安に傾いているという側面も無視できませんアベノミクスと呼ばれる景気回復の施策により、に外国為替市場では円安ドル高の傾向が続いています。

一時期は最安値で1ドル70円台でしたが、1ドル120円まで上昇しています。

これにより、海外のお客様からすれば円安により安く購入できるために、なおさら日本に訪問してまで購入するという傾向が生まれているのです。

爆買いが進むとどのように為替相場が変動するの?

では、爆買いがこれ以上に進行すると、為替相場としてはどのようなインパクトがあるのでしょうか?

市場原理を考えれば、日本円で日本でものを購入するためには、中国であれば人民元を日本円に両替することになります。

これによって円が人気になりるので、日本旅行中に日本国内でお金を消費することで円高となります。

他にも、国策としてCoolジャパンとジャパンクォリティがありますが、こちらも円高に振れる要素がありますが、実情を見るとさほど円高なっていないので、大きく為替相場に影響するほどのインパクトはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一時期ほど爆買いが取り上げられることは少なくなっていますが、今でも春節期間中には多くの中国人のお客様がお買い物している姿を見かけます。

結論から言えばさほど為替相場には影響するものではありませんが、円高になる可能性があることだけは覚えておきましょう!

公式LINE

公式LINE