About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者にお勧めしたいスワップが有利な通貨は?

FX初心者にお勧めしたいスワップが有利な通貨は?

スワップポイントについて解説しましたが、実際にどの通貨でスワップポイントを稼いでいけばよいか悩むところですよね。

主に新興国の通貨で高い金利を設定しているわけですが、特におすすめできる通貨はどれなのでしょうか?

ここでは、スワップポイントを稼ぎやすい通貨を3つに厳選して紹介します。

最もメジャーな存在!トルコリラ

トルコといえば、日本との親密な関係を築いている国として有名です。

そのトルコで使用されいる通貨にトルコリラがあります。

トルコ語では Türk Lirası(テュルク・リラス)という名称で知られてていて、略称はTLです。

日本で言えば日銀の位置付けとなるトルコ共和国中央銀行が発行していて、補助単位はクルシュ、1トルコリラ=100クルシュという単位になります。

ただ、FXではクルシュでは取引せず、トルコリラの単位で取引することになります。

実は旧トルコリラと新トルコリラという2つの通貨が存在していましたが、2010年1月1日からは「TL」および「Kr」(クルシュ)のみが使用されています。

2012年3月からは、トルコリラを表す新たな通貨記号発表されるなど、何かと変動要素の大きな通貨です。

実質90円固定であったトルコリラですが、通貨が2018年8月に入って暴落[が見られて、一時は1リラ16円まで下がるトルコ通貨危機が巻き起こりました。

それもあって、トルコ中央銀行が、9月に金融政策決定会合を急遽開催しました。

そこで主要な政策金利である1週間物レポ金利について、6.25%引き上げて年24%にすることを決定しました。

事前の市場予想では3~4%程度であったのに対して、想定を上回る利上げを受け市場も大きく反応しました!

金融危機を巻き起こしているので安定ではありませんが、それでもトルコリラはスワップポイントという面では欠かせない存在です!

南アフリカランドも有名!

アフリカ諸国の雄として知られているのが南アフリカ共和国です。

その南アフリカ共和国の通貨であるランドも、トルコリラ同様にメジャーな存在として知られています。

1961年に南アフリカ共和国が成立したタイミングで、法定通貨であった南アフリカ・ポンドに対し2ランド=1ポンド、また1ランド=10シリングのレートで新規導入されました。

実は、金融ランドとともに商業ランドが存在する二重通貨制度を採用していた時期がありました。

ただ、1995年3月13日に金融ランドは廃止されることになり、新ランドに一元化されました。

実は、ランドは南アフリカ共和国だけでなく、スワジランド、ナミビア、レソトから構成される共通通貨地域の通貨として知られています。

政策金利はリーマンショックが巻き起こった2008年には10%を超えていました。

現時点でも6%前後とまだまだ高い数字ですので、しっかりと運用すれば設けることができますよ。

最近の注目株はメキシコペソ!

最近特に注目されている通貨としては、メキシコペソがあります。

1993年1月1日に1/1000のデノミが行われ、新ペソが導入されて以降、順調に成長している通貨です。

現在の金利は8.00%と、トルコリラに匹敵する高さを誇っています。

これだけ高い金利を維持していて、経済成長を続けていることもあって、投資家から注目されているのです。

今後の見通しとしても、特に暗い要素はなく明るい話題が多いのも魅力的で、安定して取引できる点も評価できますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スワップポイントで稼ぎたい場合、如何に長い間ポディションを持ち続けることができるかが重要です。

リスクヘッジをしっかりとした上で、確実に利益を上げることを意識して取引しましょう。

公式LINE

公式LINE