About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者がチェックしたいニュースの項目は?パート1

FX初心者がチェックしたいニュースの項目は?パート1

FXをやっていると、思わぬ値動きを見せるケースがありますよね。

指標などで値動きするのはある程度理解できるのですが、特にイベントが無くても値動きすることがあります。

実は、それはある事柄が発生して値動きすることがあるのです。

それをチェックする上で重要なのがニュースとなります。

では、FX初心者はどのようなニュースに気を付ければ良いのでしょうか。

大企業の業績で大きく値動きする!

FXでは、ある企業の業績によって値動きすることがあります。

たかだか一企業がそこまで影響力があるの…と思いがちですが、記憶に新しいところではアップル社の業績不振で2019年スタートから大きな値動きがありました。

アップルと言えば、最近ではiPhoneの売れ行き不振が大きなニュースとなっていますよね。

従来のiPhoneの魅力であった最先端技術はまだ衰えていませんが、最先端技術を導入することによって本体価格があり得ないほど高いものとなっています。

それに追い打ちをかけるように、中国市場での販売不振が大きく影響を及ぼしているという事実もあります。

ファーウェイ社の副社長がカナダで逮捕されるという事態から、中国とアメリカの関係が一気に冷え込んでいて、その余波としてアップルの製品不買運動が活発化しています。

中国市場はアメリカにとっても無視できない存在であり、不買運動により更に業績悪化が懸念されています。

これは、アップルだけの問題ではなく、アップルに部品などを供給しているサプライヤーにとっても大打撃であり、その余波は大きくなることは間違いありません。

201912日、アップルは年末商戦を含む201810月から12月の売上高について、予想を下回るという業績見通しの下方修正を発表したことに端を発し、3日の米株式市場ではNASDAQがマイナス3%Dow Jones工業平均はマイナス2.8%と、相次いで株価が急落しています。

この象徴的な値動きを「アップルショック」と呼ばれており、2019年は望ましくない形でスタートが切られました。

大企業の業績は、ものづくりをしている企業であればサプライヤーにも影響を及ぼし、それが株価やFXにも影響するということを覚えておきましょう。

ニュースは欠かさずチェックしよう!

今回の一件に対して、冷静な目でチェックすると様々なポイントが見えてきます。

例えば、ファーウェイとアップルを絡めた中国とアメリカの関係性をしっかり理解出来れいれば、今回の値動きもある程度予測できた可能性があります。

ファーウェイは中国にとっても重要な企業であるため、その企業を守ろうと躍起になっているのは間違いありません。

ファーウェイの魅力としては、高機能でありながら低価格を実現している点です。

アップルからすれば最大のライバルであるわけですが、その企業をつぶしにかかられたと思っても致し方ありません。

ある意味戦争のような状態となっているわけであり、不買運動という強硬手段に出ているのです。

この一連の流れをしっかりつかんで、アップルの業績発表のタイミングさえしっかり把握できれば、思わぬ損失を生んだり逆に利益を上げることすら可能なのです。

FXも情報戦という側面があるので、しっかりとニュースソースを確保しておくことが重要となります。

アプリなども活用する

なかなかニュースソースを確保できないとお嘆きの方にとって、ニュースアプリを活用するというのも有効的な手段となります。

中には、FX専用のニュースのみ提供してくれるものまで存在しています。

速報という形で情報を入手できれば、即座に対応できるので非常に魅力を感じるアプリであると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

情報を制するものがFXを制すると言っても過言ではなく、ニュースは非常に重要な要素となります。

情報源をしっかりと確保して、FXを楽しみましょう。

公式LINE

公式LINE