About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > 常にポジションを持っておかないと気がすまない人はFXに向いていない?

常にポジションを持っておかないと気がすまない人はFXに向いていない?

FXにもギャンブル的な要素があって、一発逆転を狙っている人も多いことでしょう。

確かにチャンスは残されていますが、その裏腹でリスクも潜んでいます。

負けてしまった分を取り戻すために、新しいポディションをすぐにでも持ちたいと考えがちですが、それは危険な考え方です。

では、やはり常にポジションを持っておかないと気がすまない人はFXに向いていないのでしょうか?

冷静になって考える!

多くの人の意識としては、実際にはポジションを持ちたが流刑項があるのは事実です。

隙あらば、常にチャートをチェックして、ある程度のところでエントリーしてしまいます。

でも、利益を挙げているトレーダーの場合、考え方として「持たないこと」が普通であり、ポディションを持つためにはそれなりの理由を持って置く必要があります。

誰でも勝てるようであれば相場が成り立たないということをまずは理解しましょう。

利益を出すためには、残り95%のトレーダーとは逆の考えに立って利益を追求していく必要があります。

まずは、自分のメソッドをしっかりと確立し、それに対してルール付けして粛々と進めることができるかが重要です。

ただ、人間なので感情が生まれて「チャートの前に出ると取引したい!」という衝動に駆られてしまいます。

ポディションを持とうとするときには、まずは本当に取引してもよいのかを改めて自分自身に問いかけてください。

常に勝てると思うのは危険!

自分自身のメソッドを構築して、それに対して取引を進めていくのがベストな形ですが、中にはメソッドにそぐわない動きが見られることがあります。

代表的なものとしては、自然災害が発生して急に相場が変動したり、場合によっては相場がクローズとなることがあります。

その場合は、あくまでもイレギュラーな状態で負けたと理解するようにしてください。

また、それを取り戻そうとポディションを持ってしまうのはとても危険で、相場が落ち着いた状況を如何に見極めることができるかが重要です。

不安定な相場ほど、自分のメソッドが通じないということは、身にしみて理解しましょう。

投資スパンや狙っている利益幅は人によって異なりますが、それぞれの取引メソッドである程度の利益追求幅が見えてきます。

メソッドに似合った利益幅、そして損切りポイントは常に意識してください。

ポジポジ病を改善するには?

常にポディションを持っていないと気がすまない方のことを、ポジポジ病と呼ばれています。

もちろん、このような病気はないのですが、精神的な問題としてポジポジ病はFX取引する上で危険なことです。

ここまで紹介してきたこと以外でも、改善する方法はいくつかあります。

まずは、取引量を少し落としてみるというのも手です。

例えば、今まで1ロット単位で取引していたものを、1/10の0.1ロット単位にするなどで、まずは傷みが伴わない程度で自分のポジポジ病は取引にとってデメリットであることを理解しましょう。

ポジポジ病の方の傾向として、常にチャートをにらめっこしている場合が多くあります。

今までチャートを見ていた時間を冷静に分析して、まずは半分にするという方法も有効です。

チャートを見ていると、どうしてもちょっとした値動きで不安になってしまいますが、時間とともにローソクの単位を日足にするなども検討の余地があります。

但し、取引メソッドに合わないものを適用するのは問題となるので、注意しましょう。

チャートに関しては、見ていないタイミングでは閉じておくというのも有効ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポジポジ病は百害あって一利なしと言われています。

早めに改善して、しっかりと利益を追求できるように鍛錬することをおすすめします!

公式LINE

公式LINE