About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > 初心者必見!リスクオフとはどんな考え方?

初心者必見!リスクオフとはどんな考え方?

人間、健康でいつまでも生きていければよいのですが、そうも行かないものです。

例えば、どんなに健康に気をつけていても怪我をしたり病気にかかってしまうことがあります。

その中でも、様々なリスクを排除したり回避することで、より長く生きることができるのです。

FXでも、より安全に確実に利益を上げるためには、リスクを回避することが重要です。

ただ、FX自体がリスク!と考えるのはもったいなく、リスク回避法はしっかり身につける事が重要です。

そんな人達が増えることで、実はリスクオフという相場が形成されます。

では、リスクオフとは一体どんな考え方なのでしょうか?

ここでは、リスクオフについて徹底的に解説していきます。

リスクオフとは?

まずは、リスクオフとは一体どんなものなのかについて解説します。

FXでトレードを行っている方は、常に感情的になるのは利益を上げるためには損になります。

なるべくリスク要素を排除して、安定した相場の中で地道でも確実に利益を上げる方向に傾いていくものです。

具体的には、不安定な相場から一旦手を引き、比較的安全な通貨に投資する動きの事を指します。

代表例としては、欧州の金融危機懸念が再燃すると言われている中で、リスクオフの動きが活発に行われています。

比較的安全とされる通貨としては、米ドルや日本円があります。

万が一の事態に備えて、利益は低くても安全な方向に向かうのがリスクオフとなり、対義語はリスクオンがあります。

リスクオンは、どちらかと言えばギャンブラーな要素が強いですね。

リスクオフでは、特に日本円に流れる事が多くありますが、絶対的に安全かと言われればそんな事はありませんん。

日本でも、自然災害等で思わぬ相場変動する要因がある点には注意が必要ですね。

ただ、信頼されている通貨には間違いありません。

リスクオフの特徴は?

リスクオフには、実は大きな特徴があることで知られています。

まずは、リスクオフ相場はリスクオン相場の違いが明確である点があります。

相反する相場と思われがちですが、明確な違いとしてはリスクオフでは値動きが非常は大きくて速いという点があります。

リスクのある通貨を持っていると、何かしらの経済に対する悪材料が露呈した時点で、躊躇なく全て売り払ってしまう傾向があるためです。

切り時が、ほぼトレーダーによって同じというところがあるので、一気に値動きしてしまうことがあります。

この動きに連動して、他のトレーダーも投売りと呼ばれる心理状態が働き、損をしても良いから大損する前に切ってしまう動きを見せます。

噂が噂を呼ぶというイメージですよね。

このように、FXでは人間心理も重要なファクターになるという点はしっかり理解しておきたいですね。

リスクオフ時に注意したいこと

リスクオフとリスクオンは、長期的な行動というわけではありません。

一時的に相場が変動するだけで、しばらくすれば適正価格に収まって行く傾向があります。

よって、過剰に反応することなく静観するということも重要です。

特に、投売りには十分な注意が必要です。

一方で、真のリスクがある中でいつまでもズルズルとポディションを持っておくと、取り返しのつかない事態に発展しかねません。

まずは、その通貨が持つ価値や安定感をしっかりチェックしましょう。

そこで大丈夫と思わえば静観、明らかにおかしいと感じれば躊躇なくカットするなどの処置が必要ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リスクオフは、特にヨーロッパの動向が不明なところがあるので、最近良く聞かれるフレーズになっていますよね。

周りに踊らされることなく取引することも重要ですし、しっかりと相場を見極めることができるように日々訓練を重ねたいですね。

公式LINE

公式LINE