About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FX初心者が負けたくない!では勝てない3つの理由

FX初心者が負けたくない!では勝てない3つの理由

負けたくない 投資をやるからには負けたくない!勝ち続ける方法を実践して、最速で儲けたい! なんて思って投資を始めた人が少なからずいるのではないでしょうか? 確かにFXではレバレッジという考え方があるので、勝てる金額を少ない資金で大きくできる方法もあるのは事実です。 ※レバレッジの詳細は【FXは少額から始めても絶対稼げる】を参照してみてください。 今回は初心者の方が陥ってしまう勝てない3つの理由について説明したいと思います。

FXでは「負けない」はありえない

負け 初心者の方は負けない方法を探そうとします。 しかし、FXトレードで大きく成功している人であっても全く負けない人はいません。 逆に10回トレードして、6回以上負けて負け越ししている人もいるかもしれません。 それは、どんなに再現性の高い相場であっても、過去と全く同じ相場は存在せず、想定していた方向と逆に向かってしまうこともあるからです。 その場合であっても、自分の決めた損切りポイントで最低限の損失に抑えていることが重要です。 もちろん、初めから負けるつもりでトレードを行う人はいないですから、勝率を上げるために努力は必要です。 ですが、始めから100%に近い勝率を目指すと、上手くいかないと辞めてしまう場合や、ついムキになってしまい無理なトレードを行ってしまう要因になります。 初心者の方はまず、負けない方法よりも1回の損失を減らす方法を考えた方が良いように思います。

 負ける回数を気にしてはいけない。開き直る人が強い

開き直り トレードを続けていると、負けが続く日もあるでしょう。大きく勝っている人であっても、負ける時も当然あります。 特に損切りした後に、自分で持っていたポジションまで戻ってくるケースもあります。 ただ、トレードが上手くいっている人は、負けていても損切りすることに慣れています。 また、損切りをしても負けることもあることを理解しているので、1回のトレードを引きずりません。 それに引き替え、初心者の人はトレードに慣れていないため、1回1回のトレードに集中してしまう人が多いです。 そして、トレードが上手くいかないと、つい損切りできずにマイナスを拡大させてしまいます。 結果的に落ち込んでしまうことや、ミスと感じて挽回しようとしてしまいます。 確かに自分のトレードを分析するのは大事です。 ただ、今後のトレードに活かすための分析であり、エントリーした場所を後悔する反省をしてはいけないです。 良い意味で引きずらずに開き直れる人が、早く勝てるようになる可能性がある人です。

 負けた金額より、儲けた金額が上回れば勝ち

勝ち もう1つの要素としては、負けた回数よりも金額に対して考えられる人です。 つい自分に甘い人は勝った回数や、今回は小さく本来の目標金額でなかったとしても、勝てたからと自分に都合の良い解釈をしてしまう人がいます。 良く見て欲しいのは、トータルで目標以上に勝てているかです。 例えば月に勝ちたい目標額を決めている人は、毎月のトレード差額を出せばわかります。 10回中7回負けていたとしても、きちんと損切りして、3回のトレードできちんと勝てて目標達成していれば、その人は成功となります。 そういう人は毎月負けていても、負けた金額を小さく抑えて、目標金額の勝ち方を繰り返すため、トータルでプラスに持っていくことができるのです。 人間は欲を持った生き物ですから、負けたくないし勝ちたいと思うものです。 まずは小さい成功体験を積み重ねるところから始めることをおすすめします。

まとめ

どうでしたでしょうか?自分もあてはまってしまっていた! なんて人もいたのでしょうか?負けないことが大事なのではなく、負けた金額よりも勝っている金額が上回れば、本当の勝ちだということが伝わったかと思います。 ただ、今まで以上に安定して勝ち続けるためには、スキルが必要となります。 これからもっと「FXでお金を稼ぐ方法をしりたい」、「実績のある人にFXを教えて欲しい」という方には、僕が講師を務めるFXコミュニティで、FX取り引きの説明だけではなく、ここでしか手に入らないノウハウやテクニックなどをお伝えしていますので興味のある方は気軽にお問い合わせください。 現在僕は設立4年目、全国2300名以上在籍するFXコミュニティの講師をしております。 本業はFXのトレーダーです。 FXコミュニティの情報、FX投資の話などを『公式LINE@』にて限定配信中。 どなたでも追加できますので、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINE@をご追加ください。 (1800名以上の方が無料購読中) 上滝恭介・公式LINE

公式LINE

公式LINE