About FXFXについて

FX初心者の為の上滝恭介FX公式サイト > FXについて > FXってコンビニと同じで24時間取引可能?

FXってコンビニと同じで24時間取引可能?

FXは24時間取引可能

FXは他の投資商品とは異なり24時間取引できるのが特徴です。

  株式市場や債券市場、あるいは商品市場など、金融市場のほとんどは取引所と呼ばれる特定の場所で取引が行われています。 では、外国為替市場はどうなのかと言えば・・・ 特定の取引所は存在せず、24時間、世界のどこかで取引されている という大きな特徴を持っているのです。 これらの理由を知ることはFXやマーケットの特徴を捉え、実際の取引にも非常に役立ちます。 ご存知だったでしょうか? そして24時間取引されているということは、「24時間、取引レートが変動する」ということにもつながります。 つまり、皆さんが買いたい、あるいは売りたいと思うレートは、皆さん自身が眠っているときに訪れる可能性もあるということなのです。 外国為替市場は24時間眠らないと言われるなかで、他の投資はどうなのでしょうか。 例えば国内株式投資の場合は、市場が開いている時間帯にしか株式の売買取引を行えません。 日本には ・東京証券取引所 ・名古屋証券取引所 ・札幌証券取引所 ・福岡証券取引所 の4つの証券取引所があります。 東京証券取引所で売買取引できる時間帯は、前場と呼ばれる9:00〜11:30と、後場と呼ばれる12:30〜15:00です。その他の証券取引所に関しては、前場が9:00〜11:30、後場が12:30〜15:30までです。 つまり1日のなかで9:00〜15:00まで、もしくは15:30までしか取引はできません。そして平日の日中でしか取引できる時間はありませんので、夕方以降や早朝、夜間、土日などは取引をしたくても基本的に行えません。 国内の証券取引所の開いている時間帯内に制限されます。  

世界中の為替市場の何れかが常に開いているため外国為替市場は24時間取引可能?

  FXの他の投資とは異なる特徴の1つに、24時間いつでも取引ができることがあります。 なぜ24時間取引が可能なのでしょうか。それは国内だけの市場の中で取引をする株式投資とは違い、世界中の為替市場が対象となるFXでは常にどこかの国の証券取引所が開いているためです。 東京市場が9:00〜15:00 ニューヨーク市場が22:30〜5:00 ロンドン市場が16:30〜0:30 トロント市場が22:30〜5:00 フランクフルト市場が16:30〜0:30 香港市場が11:00〜17:00 上海市場が10:30〜18:30 シンガポール市場が10:00〜18:00 ニュージーランド市場が7:00〜13:45 オーストラリア市場9:00〜15:45 など他にも多くの市場があり、各市場によって開いている時間帯が異なります。 またサマータイムかどうかによっても多少時間が異なります。 各市場が開く時間が違うため、24時間常にどこかの為替市場が開いており、為替取引が行われています。実際のところ外国為替市場は株式投資のように取引所取引ではないため、各市場において取引時間が決まっているわけではありません。

FXは24時間取引ができるため日中に家事や仕事で忙しい人でも大丈夫?

  株式投資のように時間制限がなく、 平日24時間いつでも取引ができるのがFXの良いところです。 株式投資のように取引できる時間帯が日中だけの場合は、仕事や家事で忙しい人も多く、じっくりとチャートを見ることもできません。 しかし24時間いつでも取引ができれば、仕事や家事が終わった後の時間帯や、夜間などに落ち着いて取引に集中できます。 また早朝や夕方などの通勤時間や、人との待ち合わせ時間、寝る前の時間など、ちょっとしたスキマ時間を利用して何時でもスマートフォンやパソコンから取引が可能です。日中焦らなくてすみます。 しっかりと腰を据えて取引できますので、24時間取引できることはとてありがたい特徴です。     この記事を読んで見てFXにご興味のある方は、下記の画像をタップまたはクリックで是非公式LINEをご追加ください。 (公式LINEの追加は無料で出来ます) 上滝恭介・公式LINE  

公式LINE

公式LINE